テニス上達方法

テニス上達方法。技術的な面から考える

テニス上達方法。技術的な面から考える

 

相手の「打ちやすい所」に打つ

 

上達方法としては何となくおかしい感じに聞こえるかもしれませんが、練習中には相手の「打ちやすい所」に打つ、というのは立派なテニス上達法なんですね。

 

相手が打ちやすい所を狙って打てるということは、裏を返せば相手が返しにくい所も狙って打てるということになるでしょう。

 

練習中にはラリーが続くように狙って打つことを心がけ、それによって磨いたテクニックで試合の時には打ちづらい場所へ打ち込んでいく、ということですね。

 

 

そもそも練習ではある程度ラリーが続かなければ練習として成り立ちませんし、すぐにラリーが切れてしまうと面倒くさくなってしまいますよね。

 

それに練習ですからやっぱりラリーが続いたほうが楽しいですし、ガリガリに狙ってポイントを取り合うのは練習の一部だけにしておいたほうが良いかもしれません。

 

こう打てばいいのか、ということを認識する

 

また、そうやって狙った場所に打とうとする中でミスが出ることもあれば完璧なショットを打てることもあるでしょう。

 

ミスした場合でも正確に打てた場合でも、なぜそんなショットが出てしまったのか、そんなショットができたのかということを自分の中で考えて反復練習をしていくというのが大事になりますね。

 

 

初心者のうちはちゃんとしたショットを打てる回数自体が少ないので大変ですが、ちゃんと打てたときに自分がどういったスイングをしていたのか、どこを見ていたのか、どんなタイミングでラケットに当てたのかということをチェックしていきましょう。

 

とにかくフットワークが重要

 

中級者以上の場合には、あえて初心者の練習相手をしてあげるというのも結構優れた上達方法だったりするんですよね。

 

ラリーが続かないとテクニック向上に繋がらないから同レベルの人じゃないと意味がない、なんていうことはありません。

 

 

はっきり言って、初心者の打った球なんかどこに飛んで行くかわかったものじゃありませんよね?

 

ですが、それがいいんです。

 

どこに飛んで来るかわからないということは、自分よりも上手い人と試合することになったときと状況が似ていませんか?

 

 

しかも、初心者の場合にはボールスピードが当然ゆるいですからある程度追いつく余裕があります。

 

フットワークが悪くて上位の人に勝ちきれない、なんていう場合には格好の上達方法になると思いますよ。

 

持久力や足の速さ以上にフットワークが試合の結果を左右することは多いですから、こうやってテニス初心者を相手に鍛えてみるというのもアリかもしれません。

 

ラケットは重すぎると怪我の確率が上がる

 

初心者のラケット選びとしては、やはり自分で考えているよりもある程度軽い感じのラケットを選ぶということが一番ですね。

 

理由は単純に故障を防ぐため。

 

 

ラケットが重くなればなるほど、初心者の場合には慣れないことをするわけですから手首を捻挫したり腱鞘炎になったりする可能性が上がります。

 

初めて子育てをする時に、抱っこに慣れていないのに数キロの赤ちゃんを毎日持ち上げて手首が痛くなるのと一緒です・・・。

 

それに、まだ上達しないうちに何度も故障してしまったら続ける気がなくなってしまいますよね?

 

せっかくテニスを始めたのにすぐに止めてしまうなんてもったいないですから。

⇒ テニス上達のコツ!超有名コーチが教える練習方法
たった2つのコツを押さえるだけで、毎日コートの外にボールを放り込んでいたプレーヤーですら大会で勝てるレベルに到達します。
ホーム RSS購読 サイトマップ