テニス上達法

簡単なテニス上達法。普段の練習と試合でできる事とは?

簡単なテニス上達法。普段の練習と試合でできる事とは?

 

経歴が長い人にいつも負けてしまう・・・

 

テニスを始めたての頃というのは、自分よりもテニス歴が長い人にいつも負けてしまう、という悩みを抱えることになります。

 

練習の時はこっちに合わせて打ってくれているわけですからそれなりにラリーも続くんですけど、試合(もしくは試合形式の練習)になると全く歯が立たないということもあるんですよね。

 

 

社会人だったら先も長いし地道にやっていこうか・・・という気にもなりますが、中学校や高校・大学の部活動だとこれは大問題。

 

特に、新しく入ってきた下級生がテニススクールなどで昔から練習していたので自分たちよりも全然上手いなんてことになると非常に焦ってしまいます。

 

自分のミスをとにかく減らす

 

じっくりやりたい社会人であっても、時間が限られている学生であっても、自分よりもテニス歴が長くて上手い人に勝つために重要なのはまず『自分のミスをとにかく減らす』ということです。

 

多くのスポーツで見られるように、上級者になればなるほど「自分の力で点を取る」ことによって勝つのに対し、初心者・中級者レベルでは「相手のミスによって点を取る」ことで勝つようになっています。

 

 

逆に言えば、相手が上手いというよりも自分がミスをすることによって負けてしまっているわけなんですね。テニスの上達法を考える時にはまずこの点をしっかりと意識しておかなければなりません。

 

そういう意味では試合中に自分がどんなミスをしやすいのか、何が問題なのかを考えるというのは上達法の一つになるでしょう。

 

強く返すよりも綺麗に返す

 

ということで、まず考えなければならないのは「強く返すよりも綺麗に返す」ということです。

 

どうしても速いボールを打っておけば相手は追いつけないのでポイントになりやすい、と考えてしまうんですけど実際のところは強く打とうとしてミスになってしまったり相手の正面に打ってしまって綺麗にリターンされてしまうということの方が多くなります。

 

 

もちろん綺麗に返そうとして打球の勢いがなくなってしまっては意味が無いんですけど、「綺麗に返す=弱く返す」ということではありません。

 

ラケットに正確に当てるということを心がけて、無理矢理力を入れて全力で振り抜くのを止めるだけでもラリーの継続性がかなり違ってきますよ。

 

また、綺麗に当てることによってボールが失速しにくくなるので、強打するのと意外と大差ないスピードが出るようになります。

 

強い人相手ならラリーを伸ばせるように

 

今の自分のレベルよりも明らかに上の人と試合をする場合には、何とかして無理に勝とうとしても勝つことができないというのはわかりきったことだと思います。

 

そりゃもちろん、頑張って勝てれば言うことないんですけど、実際には頑張ったところで勝てませんよね。

 

あなたがもしテニスを初めて1週間の人と試合をしたら負けると思いますか?どんなに相手が頑張ったとしても絶対に負けることはないと思います。

 

 

ですから、完全に格上の人と試合をする場合には、勝つことではなくてラリーを伸ばせるように頑張るというのが良い上達法です。中には格上だと絶対に勝てないと諦めてしまって手抜きになってしまう人もいるんですけど、そんなことではいつまで経っても上手くなるのは無理でしょう。

 

どうやったらラリーを長時間続けることができるだろうか、と考えて打っていく姿勢が必要になってきます。

⇒ テニス上達のコツ!超有名コーチが教える練習方法
たった2つのコツを押さえるだけで、毎日コートの外にボールを放り込んでいたプレーヤーですら大会で勝てるレベルに到達します。
ホーム RSS購読 サイトマップ