スライスの打ち方:コツをつかんで一気に上達した!

スライスの打ち方:コツをつかんで一気に上達した!

部活動やテニススクールで、スライス技術を教わることはありません。もし指導されることがあっても、それはほんの触りの部分だけ。試合で使える、勝てるスライスサーブ・スライスショットを教えられるコーチはほとんどいないわけです。

 

これに気付いたあるコーチが、自分で新たに練習して使えるようになった上で、上達用のDVDを作成して指導を始めました。彼は現在、体力の無い女性・中年以降の選手を中心に指導し、公式大会で勝てるほどのレベルに成長させています。

 

彼が教えるスライスのコツはどんなものなのか?⇒ こちらから

 

スピードやパワーが重視されていますが・・・

 

現在スクールなどで教えられているテニスでは、ショットのスピードや威力を上げて勝てるようになろうとしているところがほとんどでしょう。しかし・・・元々体力が無かったり、年齢を重ねていたらどうでしょう。

 

若い頃のようなスピードボールは打てませんし、体力の有り余っている学生よりも威力のあるサーブだって打てません。そこで、スライスサーブやスライスボレーを学ぼう、と思うわけですが、今度は教えてくれる人がいない、という問題にぶち当たります。

 

スライスをキッチリ教えてくれる人に教わろう。

 

多くのコーチは、スピードを上げて、格好良く自分の生徒を勝たせたいもの。スライスサーブ専門で教えてくれる人なんて、周りにはいないと思います。

 

しかし、文明の進歩というのは便利なもので、DVDを見られる環境にあれば、スライス技術を教えるプロから教わることが現在は可能です。ストローク・サーブ・レシーブ・スマッシュ全てのスライスを完全にマスターできます。

 

こちらから ⇒ DVDの内容について

 

体力が低下してきたり、怪我などで以前と同じようなプレーができなくなると、パワーヒット型・スピード型のプレーヤーは以前と同じような成績を残すことが難しくなってきます。また、元々スポーツをあまりやっていなかったけど、中高年になってからテニスを始めたとか、子供が大きくなって時間に余裕ができたのでテニスを始めた主婦の方などは、どうしても体力的なハンデでなかなか楽しく練習したり試合で勝つことが難しいでしょう。

 

そんな時にテニスライフの助けとなってくれるのがスライス技術です。これまで試合中には自分が走り回らされていたのにこれからは相手を左右に動かすことができますし、練習しているときでも新しいテクニックを身につけたことによって上達の喜びを味わうことができるでしょう。

 

もちろん現役の選手であっても自分の持ち駒が増えるというのはいいことです。なかなか上位に進出できなかった選手が勝ち始めるようにもなりますし、どうしてもギリギリのところで勝ちきれないライバル選手を倒すことも可能です。

 

スライスサーブ・スライスボレーなど、この技術を身につけることによってテニスのプレーの幅は格段に広がり、今までよりもさらにテニスを楽しむことができるのです。特に高齢の方にとっては無駄な練習での努力を減らすことができ、余計な肩やひじ・膝への負担をかなり軽減することができるはずです。

ホーム RSS購読 サイトマップ